あらふぉー主婦の生活★一日一つは何かをみつけたい!

株のこと、子どもたちとの生活、自分の趣味、日常のこと。

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生

昨日、映画観てきました。

 

ほんとは、前売り券をかっていきたかった。

特典のポーチがかわいかったので。

 

レディースデイでお得でした。

夫とまたもや映画デートです。

 

ハリーポッターとつながるところがありますね。

時代はどれくらい違うのだろう。

 

ダンブルドア先生が若いから(俳優さんがかわってしまったけど、若い設定にみえた)

きっと、ずっとあとに、ハリーの時代になるのかな。

 

魔法動物、かわいいし、かっこいい。

 

ドラクエ&FF世代の私は、剣と魔法の世界が大好きです。

魔法、かっこいい!

 

ドラクエのロッドのようなものが好きだったから、

ハリーやニュートがもつ、杖は、短いなぁと思いました。

 

でも、持ち歩くのはこっちの短い方が、実用的ですよね。

 

続き、早くみたい!

逆さ札

今日は、12月12日。

この日になると、毎年、逆さ札を思い出します。

 

逆さ札、ご存知でしょうか

 

子供のころ、父の会社が入っていたビルに、貼ってありました。

「十二月十二日」と筆で書かれた紙が、上下さかさまに貼ってあるのです。

 

子供心に不思議に思っていました。

 

母に聞くと、泥棒よけらしいです。

 

十二月十二日に、十二歳の子供に「十二月十二日」と書いてもらう。

それをさかさまに貼るらしいです。

 

理由までは覚えてなかったので、調べてみました。

 

ウィキペディアにも載ってませんでした。

京都通百科事典というところに、ありました。

地域性の強いものなのかな。

 

 

www.kyototsuu.jp

 

石川五右衛門の命日で、天井から侵入してくる泥棒がみえるように

逆さに貼るって、面白い!!!

 

歴史を感じる、行事ですね。

縁を大切にしたい

先週の金曜日に、お仕事の話が入ってきた

仕事していたころの上司から、アルバイトにきてくれないかということで。

 

夫と相談しますと保留していたが、今日返事をすることになっていた。

 

小1の子もやっとしっかりしてきたので、週5で受けることにした。

 

喜んでもらって、4月以降の仕事の話も探してくれていた。

 

ありがたいなぁと思う。

 

そろそろ仕事しようと思っていて、いろいろ探していたけれど

思い切りがつかないというか、やっていけるのかとか不安がでてくるし

 

お給料よかったら、土曜出勤ありだったり

 

仕事しながらでも、子どもと居たいからと

ぜいたくな選び方をしてるから、なかなかいいものがないんだけど

 

今までやってきた仕事だから、まったく初心者ではなく仕事が始められるのは

正直、ありがたい。

 

年明けはあらたな気分で、あらたな自分と出会えそうで

わくわくしています。

お金を儲けること

夫はサラリーマン。

私も元サラリーマン。

 

商品を売って、儲けているわけではありません。

 

そんな場合、子供がリアルにお金を儲けるっていうことを

想像できるのでしょうか。

 

「お父さんは、お仕事をして頑張っているから、お金をもらってくるのよ」

 

といっても、ピンとこないのが、現実。

 

私の父は印刷業の自営業だったから、印刷をしている様子もみてきたし

実際に手伝ったこともあるし、納品についていったこともある。

 

リアルに、お仕事参観もでき、職業体験もでき、

モノの流れも、だいたいわかっていました。

 

私の子供たちは、商品にならない働き方で、お金をもらってくるというのが、

わかりづらいと思う。

 

そのため、フリマとかでもいいので、

自分でつくったものや、自分の持ち物などを、必要な人に売る。

 

売る

 

という行為。

 

それをわかっていってほしい。

 

そして、それから物でなく情報やサービスが、お金にかわっていくことを

理解してほしいなあ

 

と思う今日この頃です。

スマブラ

夫が、スマブラを買ってきた。

 

自分はしないのに、子供がやってる姿をみたいんだって。

 

こどもたちはきっと大はしゃぎで、「うわ!まけた」とか「きゃー!落ちる」とかいうんでしょうね。

それをきいて、こどもたちが楽しんでいる姿を見たいらしい。

 

なんて!へんてこな!!

 

でも、それが夫の思う家族団欒の1つってことで。

理解しよう。

クリスマス一色

町はクリスマス一色ですね。

 

うちでは、子供たちとプレゼント交換をしています。

 

予算は、数百円。

こどもが買えるくらいの値段です。

 

予算が限られているので、どうしても、あまり大したものが買えないんですけどね。

 

文具とかキーホルダーになってしまいます。

 

それでも、私、子供3人、母の5人で交換するのは、楽しいようで。

 

あみだくじにするとか、抽選にするとか。

子供なりに、毎年ルールを考えてくれます。

 

それを買いに、キディランドに行ったら!!

大行列!!!

50人は並んでいました・・・

 

ちょっと買う気が失せてしまって、ちがうところで買いました。

 

どこも、クリスマスプレゼント買う人がたくさん。

って、みなさん、それぞれが、クリスマスに向けて

楽しんでいるのでしょうね。

配偶者の呼び名

みなさんは、配偶者の呼び方、何ですか。

 

外での場合。

私は、封建的な、昔っぽい、昭和っぽいとか思われるかもしれないけど

「うちの主人」でした。

 

家長として、しっかりしてもらいたいものあったし、呼び方、呼ばれ方で、人のふるまいとか変わるような気がしていたのです。

 

主人といって、夫を立てる。

別に私が出しゃばってるわけではないけれど。

 

でも、これも言いながら、だいぶ悩みましたね。

 

結局、今は、「夫」

短くていいやすい。

友人が言ってて、自然な感じがしたし。

 

「夫」には、「うちのよめさん」と言わず、

「妻」といってほしい。

年齢的にも、そんな若くないんだし、かっこいいダンディな男性がいいそうだから(笑)